仮性包茎と包茎の知識病院での治療

病院博覧 NAVIGATE

最新情報

2013/10/15
割合を更新
2013/10/15
価格帯を更新
2014/04/09
矯正を更新

歴史

hospital

実は、包茎と言うものの持つ文化史はとても古い。
古代ギリシャでは、包茎で、ペニスが小さいことが美の象徴とされていた。
実例として、当時の彫像などを見ればその傾向がはっきりと分かる。
最も有名なものとして、ミケランジェロの「ダヴィデ像」があげられるだろう。
この作品は、古代ギリシャ時代に作られたものではない。
とは言え、当時のルネッサンスは再興を意味する芸術の波であった。
そのため、ミケランジェロのダヴィデ像は古代ギリシャ彫刻の風合いを見事に再現している。
言うまでもなく、そのペニスは小さく包茎である。
この時代の文献を紐解くと、当時のギリシャ人は、包皮をリングで止め、「剥けないように」していたことがわかるのである。
それは、この当時の美的感覚に由来するものである。
古代オリンピックは裸で行われたが、バルバロイ(外国人)選手の露茎を見て、大笑いしたなどの記述も残っている。

手術

houkei

現代では、病院で治療のために受ける事が多い包茎手術であるが、未だに宗教上の理由で包茎手術を施す地域も多い。
包茎手術の歴史は古く、そのルーツは古代エジプトまで遡る。
当時の神話で、神がそのペニスから滴る血で新たな神を作ったという話がある。
そのため、当時の古代エジプト人は、みな「割礼」と称して包茎手術を受けていたのである。
とはいえ、宗教的な事例のみならず、医療的な観点から見ても有効なものであった。
気温が高いエジプトでは包皮内が蒸れやすく、不潔になりやすいため、割礼することで、健康効果があったのである。
もちろん、これは副産物的付随効果であり、それを狙うほどの医療技術は当時なかったのである。
現代でも、ユダヤ教やイスラム教では、成人の儀として割礼を施す地域も多い。

整形手術

古代におけるペニスの手術は、いうなれば現代の美容整形手術であり、形成手術であった。
美容整形というものが、発展したのは一般的に20世紀と言われている。
しかし、実際そのルーツは紀元前600年程度の古代インドまで遡る。
当時行われたのは、削ぎ落とされた鼻の形成手術のみである。
とはいえ、この技術体系は未だに伝わっており、インド式造鼻術と言われたたのである。
(さすがに現在は行われていない。)
これが、形成手術の元祖とされるが、その他の地域でも形成手術の痕跡が発見されているため、はっきりしない。
「美容整形」が登場したのはそれから2400年程度後の、19世紀に入ってからである。
1845年にドイツ人医師ディフェーンバッハによる手術がその始まりとされている。
これもまた、鼻の手術が最初であった。


オススメ情報

ヒルズタワークリニックのことなら<包茎手術口コミ・評判ランキング>